土地の活用方法をめぐって問題が起こる場合がある

共有持分の土地を所有し続けることには、いくつかのデメリットがあります。
土地の活用方法をめぐって何らかの問題が発生が生じる可能性があることも、共有持分の土地を長く所有し続けることのメリットです。
土地を購入した当初は、共有者全ての土地の活用に関する考え方が同じであっても、時間が経過することで一部の共有者の考えが変化することもあります。
個人的な事情により活用に対する考えが変化することもあれば、相続などにより共有者自体が変わることで、活用方法に対する考え方が変わることもあります。
更地として使用していた土地を、特定の共有者が賃貸用として使用したいと考えることもあり、このような場合には権利者全員での話し合いが必要になります。
賃貸契約をする期間が短い場合には、一定の持分を持っていれば一人の所有者だけでも、土地を賃貸することが可能です。
このような場合には、賃貸に反対する他の共有持分割合が少ない共有者がいても、その意見が反映されることはありません。

贈与税が課せられるデメリットと売却しにくいデメリット

共有持分を設定して親子で土地を所有した場合にも、長期間共有を続けているとデメリットが発生することがあります。
デメリットが発生する場合があるのは、ローンを利用して土地を購入した場合です。
基本的には共有者がそれぞれローンの契約をする場合がありますが、何らかの事情が発生した場合にはローンの返済ができなくなってしまうこともあります。
このような場合には他の共有者がローンを代わりに返済することも多いですが、こうした方法でローンを返済していると、ローンを払えなくなった共有者に贈与税が課せられることがあります。
ローンを代わりに支払うことも贈与に該当するからです。
ローンの支払いはそれぞれの共有持分の割合によって決められ、それを超えた部分が贈与とみなされます。
土地を売りたくなった時に全員の承諾が必要になることも、共有持分の土地を長期間所有し続けるデメリットです。
お金がどうしても必要になった時でも、他の共有者の承諾が得られなければ簡単に売却できないことがあります。

まとめ

共有持分のある土地を長期間所有し続けることのデメリットについてご紹介しました。
共有する土地の活用方法について、共有者の間で考え方が変化することがあることも、長く所有することのデメリットです。
相続などにより共有者が変わることで、土地の活用方法に対する考えが変わることもあります。
共有者どうしの活用方法に対する考えが違うと、トラブルが発生することもあります。
簡単に売却できない場合があることも、長期間共有し続けることのデメリットです。