共有持分を所有するメリットとは

「共有持分」とは、複数の人が一つの物を共同で所有している場合、その人それぞれが持っている所有権の割合のことを指します。
たとえば、ご夫婦でマンション・一軒家を共同出資で購入したとき、親が亡くなった後に親の不動産を兄弟間で相続したときなどに発生します。
この共有持分は、あくまで「所有権の割合」を指すことになるので、共有持分を持っている場合は共有物のすべてにおいて持分割合に応じた利用をしても問題はありません。

共有持分は、例として2人で土地を半分ずつ、つまり2分の1ずつ共同で所有している場合、その土地の面積の半分が2人のうち1人のものだという意味です。
なので、土地全体を持分割合に応じて活用または利用することが可能になります。

この共有持分は財産として考えることが出来るため、いざというときに現金化が可能というメリットがあるのが特徴です。
ただ、売却をするときは複数人が関係していることから、様々な権利関係が複雑に絡んでくることもあるため、トラブルになりやすいという事実もあるようです。

共有持分の売却をする場合は


共有物全部を売却することを考えている場合、他の共有者全員からの同意が必要となることを理解しておきましょう。
しかし、なかなか売却にうなずかない人がいたり、不仲なので会話をしたくないなど様々な理由から売るまでに時間がかかることもあります。
そんなときは、自己の共有持分のみを売却するという方法もあります。
この方法なら、他の共有者と交渉する必要もなく、承諾を得る必要はないので話を進めるのもスムーズです。

共有持分を売却するときは、共有者全員で第三者に売却、所有者の間での売買、分筆した上で各自の単独所有にする、自分の持分だけを第三者に売却するという方法があるようです。
その土地に関係した不動産によっては、売却するときは通常よりもさらに専門的な知識を必要とします。
これを扱っていない、得意ではないという不動産業者も多いそうです。

また、買取業者や仲介業者かによって条件も変わる可能性があるので、ひとつだけで決めずにいくつかの不動産会社へ相談することをおすすめします。
実績や相談時の対応、費用面などを比べてから判断しましょう。

まとめ

共有持分は「場合によって現金化も可能である」というメリットもあれば、所有者との関係でデメリットもあります。
共有持分を販売するときには、特に所有者同士のトラブルに発展することもあるため、きちんと事前に話し合いをしておくことをおすすめします。
メリットは大きいけれど、トラブルになると売却までに時間がかかりますし、そのときの状況によっては大変なトラブルを解決するために体力も精神的にも疲れることになるでしょう。
メリットとデメリットをよく考えて、共有持分について考えておくべきです。